SIN DESIGN ROOM

今日は、本の紹介です。
稲葉なおと氏 写真・文 「パパズ・ホテル」
日本全国の有名建築家が手がけた宿が紹介された本です。

稲葉さんを知ったきっかけは、テレビ番組「マツコの知らない世界」でした。
知ってすぐに、この本を購入しました。
建築士である稲葉さんは全国の名建築宿を500軒以上も泊まり歩き、
その旅の記録をこれまで20冊以上も旅行記や写真集にまとめて出版されています。

この本「パパズ・ホテル」は家族で楽しめそうな宿が厳選されています。
建築家は安藤忠雄、原広司、磯崎新、吉村順三などなど・・・
有名な建築家が手がけた宿が80軒近く紹介されています。
公共の宿が多く紹介されていて、一泊3000円の宿も!
場所は遠い所が多いですが、宿泊費が安ければ遠くへ出向いても良いと思います。

最近、なかなか建築を見て回る時間が取れません。。。
家族と過ごす時間の中で、
建築家の意思のたっぷりと詰まった空間を体感出来れば最高ですね。
春休み、GW、夏休み?
いつになるか分かりませんが、名建築宿の旅を計画したいと思います。

余談ですが、稲葉なおとさんはB’zの稲葉さんのいとこらしいです。

岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治




雪が降りました。。。

クリスマスが終わると、すぐに年末モード。
片付けなくてはいけない仕事や大掃除・・・まだ残っていますが
今年も一年、無事に過ごせた事を嬉しく思います。
お施主様、工務店さん、職人さん、友人、家族、
変わらぬ力や新しい出会いに感謝です。

昨年の冬は年明けから体調がすぐれなかった記憶があります。
体調管理をしっかりして、また来年、元気に楽しく仕事が出来るように
年末年始を過ごしたいと思います。

皆さま、今年も一年ありがとう御座いました。
良い年をお迎え下さい。。。

岐阜 設計事務所 
株式会社 シンデザインルーム 古川真治




私のジョギングコースから見える畑の農機具小屋

フランス国旗を思わせるトリコロールカラー。
この小屋の持ち主の方は、意図してこの色にしたのか?
はたまた偶然か?
いずれにしても、色と古びた感じがカッコイイ。。。

最近、齢のせいか?
以前より増して古い物や朽ち果てそうな物に美しさを感じる様になりました。

時間や自然がつくり上げた質感、
自然の物、素材は形を変えても生き続けています。
そこで起こった出来事、歴史、
色々な物が合わせられ深みが増し、美しくなるのでしょう。。。

古い小屋や錆びたり、崩れそうな壁を見つけると写真を撮る私。
不審者に間違われないように気を付けます(笑)

岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治




今、こんな本を読んでいます。
皆さん、「ヒュッゲ」ってご存知ですか?

ロハス、シンプルライフ、ミニマリズム・・・ライフスタイルを示す言葉は沢山ありますが。
「ヒュッゲ」は北欧デンマーク生まれのライフスタイルです。

「ヒュッゲ」とは一言でいえば「心地よさ」を表すデンマーク独自の概念。
人とのつながりを通してあたたかさや癒し、幸福感を得る事、
あるいは一瞬一瞬を大切にしながら、好きなことに囲まれて過ごす事を意味します。

心地よさは、色々な場所で感じることができますが、
寒く長い冬を過ごすデンマークの人々は心地よさを家の中に多く求めました。
わが家を世界一くつろげる場所に・・・。
・きちんと掃除されているが、片付け過ぎない。
・好きな物に囲まれた空間をつくる。
・肌ざわりの良い物を選ぶ。
・照明は暖色を。
・キャンドルを囲んで家族で談話。
・植物などアウトドアを室内に持ち込む。 など・・・

家全体を全て整える事が出来ない場合は、自分のデスク周りとか、
ベッドルームだけとか、部分的に心地よさを追求してみても良いかと思います。

暮らしの場所以外にも、ヒュッゲには、人のもてなし方や、
競い合いや奪い合いはしないなど、対人関係や考え方の理念もたくさん含まれます。
・どんな仕事をしているか、どんな経歴を持つのかで人を評価したりはしない。
一番大切なのは、あなたが幸せを感じながら過ごせているかということ。。。

「ヒュッゲ」というライフスタイル、とても素敵だと思います。
私もすでに出来ている部分もありますが、もっともっと実践して行きたいと思います。

設計の中にも、「ヒュッゲ」の理念を取り込んで行けたらと思います。。。

岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治