SIN DESIGN ROOM

NPO法人 Meets Visionさんに声を掛けて頂き、
岐阜市教員研修に参加させて頂きました。

教員には1年目と12年目に研修が法律で定められているとの事です。
教員生活12年目の小中学校の先生方約50人と
私たち様々な業種の人間が約30人。
「子ども達につけたい力とは?」をテーマに、ワークショップで語り合いました。

大学を卒業してすぐに教員になり、
学校と言う閉鎖された環境の中で過ごされてきた先生方、
私が今、なぜこの仕事をしているのか・・・
これまでの道のりをお話しすると、とても興味深く聞いて頂けました。
私のこれまでの人生も、先生方からすれば波乱万丈でしょうか(笑)
様々な選択、様々な仕事の仕方、様々な生き方、
無限の選択肢がある事を感じて頂けたのではないでしょうか。

これからの時代を生き抜くために
子ども達につけたい力。
コミュニケーション力、行動力、判断力、相手を思いやる心、
適応力、人間力、あきらめない心・・・
実にたくさんのキーワードが出て来ました。
そんな中、私は「生活力」と言う言葉を上げさせてもらいました。
日々の生活をしっかりと過ごし、楽しむ。
私の住宅設計の基本となる部分です。
この生活の土台がしっかりしていればこそ、
様々な事に挑戦して行けるのだと思っています。

少子高齢化、人口減少、格差社会、
これからの子供たちは益々、生きるのが難しい時代に入って行きます。
今回は教員研修という場でしたが、
子ども達に私たち大人が伝えられる事。
親から、教育者から、社会から、あらゆる方面から
伝えていく必要があるのだと思いました。
私も親として、建築家として、
これからもっと伝えて行きたいと思います。。。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン




昨日、揖斐川マラソンのフルマラソンに参加して来ました。


今回は登山家の栗城史多さんの追悼マラソン。
彼は2014年に揖斐川マラソンを走り30キロ地点でリタイヤ。
その後、必ずもう一度走りに来ると言っていました。
しかし彼はこの5月にエベレストで亡くなってしまいました。。。
そんな彼の見れなかった30キロ以降の景色を
みんなで見て走ろうと集まった「チーム栗城」総勢52名です。


快晴の中、緊張のスタート。


9月中頃に故障をした事もあって、いつ痛みがでるのか?
不安を抱えながらの前半、厳しい登り坂。
予定していた7分/㎞ペースでなんとか半分の21㎞を折り返す事が出来ました。


21㎞以降はいよいよ未知への挑戦!
フルマラソンには30㎞壁があると言われていて、
30㎞を超えると急に足が上がらなくなるとの事。
その30㎞の壁が私には早くも27㎞位でやって来ました・・・。

足も痛くなり始め、歩く時間も増え始めた頃。
同じメンバーの仲間と励まし合い。
何とか33㎞地点のチーム栗城の私設エイドまで辿り着こうと頑張りました。


エイドでは飲み物とシャインマスカットを頂き
気持ちをリセット。
ここから先は栗城さんの見れなかった景色。
気持ちだけで走るのみです。。。

残りの9㎞は本当に長く、辛かった。
でも足が止まる度にまた仲間やサポートランナーの方の声掛けをもらい、
ゆっくりでも歩かずに進もうと頑張る事ができました。


結果は5時間24分15秒(制限時間は5時間30分)での完走。

今回のフルマラソン挑戦で、たくさんの仲間と出会いました。
この完走は決して一人では実現できなかったと思います。
大会だけではなく練習も含めて、本当に仲間たちに感謝です。
ありがとう御座いました。

そして栗城さん。
今回の「未知への挑戦」へのきっかけをくれてありがとう。
皆の挑戦する姿、空から見てくれていましたね。
新しい事へ挑戦する心、いつまでも忘れません。。。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン




お施主様にはいつも設計前に、
イメージする好きな建物の写真を見せて頂きます。
以前お施主様から頂いたのがこちらの
映画「しあわせのパン」の写真。
先日、レンタルショップでDVDをみつけ、借りて来ました!


映画の内容は
北海道、月浦。湖のほとりのパンカフェ。
春夏秋冬、ここちよい暮らし。
東京から北海道の月浦に移り住み、
湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦、
りえさんと水縞くん。
水縞くんがパンを焼き、
りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。
そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。
それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた人達が見つけた、
心の中の“しあわせ”とは?

四季折々の野菜にお花。
一つ一つ丁寧に扱い、暮らして行く。。。
そしてこの何気ない小さな幸せを分かち合う。

映画のなかで「カンパニオ」という言葉が出て来ます。
これはラテン語で、
「仲間」「パンを分け合う人々」「家族の原点」
という意味だそうです。
この映画の世界観・・・とても良かったです。
共感しました!

映画の舞台は北海道。
岐阜での家づくりではロケーションは真似できませんが、
この世界観はコンセプトとして大切にして行きたいと思います。

最後はどうでもいい話ですが、
私の妻はハサミが大好きです。
我が家の娘、息子、愛犬、すべての髪をカットしています。
上の写真にもありますが、
映画の中で、りえさんが水縞くんの髪を切るシーンがありました。
妻は私の髪も常々、切りたいと言っています。
この映画を見たらまた
「切らせて!」とせがまれそうです(笑)

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン



new

故障・・・。


先日、マラソンのトレーニング中、
はじめて道路に座り込んでしまいました。。。

3㎞程走った時点で右足の裏に軽い痛みを感じました。
その時点で走るのを止めて帰れば良かったのですが、
まあ~大丈夫だろうとさらに3㎞走った私・・・。
痛みが強くなり、この時点で戻る事にしました。
しかし時すでに遅し・・・歩けば歩くほど痛みが酷くなり、
6㎞の帰り道は痛みをこらえて地獄の様な時間でした。

調べてみると、おそらく足底筋膜炎。
大会まであと2か月、走り込みの時期だと思い
9月になりトレーニングを増やした後の出来事でした。
オーバーワークで足に疲労が溜まったのが原因でしょうか?
自分がオジサンである事の認識が甘かった(反省)

一週間たってもまだ痛みが完全にとれません。
6月頃からトレーニングを始めいい感じに力が付いてきたのに、
どうして・・・今は失望感でいっぱいです。
フルマラソン完走の目標が、遠くに行ってしまいました。

故障とどう向き合うのか?
様子をみながら残り少ない時間ですが、
やれることをやって行きたいと思っています。
錦織君も羽生君も大谷君もみんな故障と戦っています。
トップアスリートとは次元が違いますが、
あきらめないで必ず故障を乗り越えて、
目標を達成したいと思います。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン



new

修復作業


陶器の花瓶が割れてしましました。
破片をつなぎ合わせても隙間が・・・。


割れた原因は、息子が・・・。
我が家の愛犬クッキーの大切にしているクッションを投げ、
花瓶に激突!


30cmぐらのクッションなのですが、
クッキーはクッションの角を「チュツ、チュツ」と吸うのが大好き。
そんなクッションをおそらくフリスビーの様に
「取ってこい!」と投げたのでしょう。

本来ならば「何してくれたんだ!」と親は激怒するんでしょうが、
我が家は、もちろん注意はしますが、
どこか「仕方ない」「直せばいいか」・・・モードです。
妻が金継ぎで直しています。
最近思うのですが、自分で修復できるって大切な事なんだと。。。
数日前には電気スタンドのスイッチが壊れたのを、
私が他のコードと取り換えて息子と一緒に直しました。

先日の台風でも身の回りに色々な不具合が出たと思います。
被害も色々で限界はあると思いますが、
自分で修復やメンテナンスのできる範囲の広い人は、
比較的、落ち着いて穏やかに対応できたのではないかと思うのです。

建築業界はどちらかと言えば、強くてメンテナンスのいらない方向ばかり。
それも大切かも知れませんが、
もっと修復方法やメンテナンスなどを学ぶ機会を業界自体も
増やして行かなくてはいけないのではと思います。

自分で許容できる範囲が広ければ広いほど
穏やかで豊かな暮らしが出来る様に思います。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン




先日、仕事帰りにナチュラリスト・リバーサイドさんへ立ち寄り
以前から欲しかった、STANLEYのクーラーボックスを見つけ
購入しました!


手前の水筒は2年程前に購入した物。
この水筒は釣りやテニスなどレジャーの時は勿論ですが、
仕事で現場に出る時も持ち歩いています。
結構、手荒く扱っていますが、へこみも無く傷も目立ちません。


蓋の上に水筒が固定出来ます。
・・・これがカッコ良くってやりたかった(笑)
クーラーボックスも水筒も、質実剛健な感じが好きです。


クーラーボックスに貼ってあるステッカー
こんな感じで川辺でゆっくりとした時間を過ごしたいですね。
・・・あ~釣りかキャンプに行きたい!

子供たちに「夏休みは山か海かどちらに行きたい?」と聞くと
「海!」との返答。
山好きの私にとっては辛い回答でしたが、
山はいつも行くから、たまには海に行きたいとの事。
確かにそうだね・・・考えてみます!

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン




私事ですが、この秋フルマラソンに挑戦する事にしました!
マラソンを始めて5年、ハーフマラソンは完走出来る様になったものの、
倍の距離を走るなんて絶対に無理・・・と
次のステップにはなかなか進めませんでした。

挑戦へのきっかけをくれたのは、登山家の栗城史多さん。
彼は2014年に揖斐川マラソンを走り30キロ地点でリタイヤ。
その後、必ずもう一度走りに来ると言っていました。
しかし彼はこの5月にエベレストで亡くなってしまいました。。。
そんな彼の見れなかった30キロ以降の景色を
みんなで見ながら走ろうと知人が声を掛けてくれました。

ベテランランナーから、マラソン初心者まで、
沢山のメンバーが集まりました。
自主練習がメインですが、
時々でも集まって走れるとモチベーションも上ります!

揖斐川マラソンのホームページには
・スタートまで後127日と23時間・・・。
・制限時間5時間30分。
・コースの高低差127m。
・大変難しいコースですので十分準備してご参加下さい。
など、不安になる・・・いや、気持ちが引き締まる文字がたくさん。

皆さんにフルマラソンへの挑戦の報告をする事で
さらに頑張れると思い報告させてもらいました。
「目標はとにかく完走!」
後127日、私なりにコツコツと頑張って行きたいと思います。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン



new

夏の自由研究


「今年の夏の自由研究は何にするの?」
息子に今年は早くから声を掛け始めました。
色々と候補が上がった中で、
何故か息子が一番興味を示していたのが図鑑で見つけた
「プラナリア」
私も初めて聞く生物でした。。。


自己再生能力が強く
2つに切れば2匹に、3つに切れば3匹と、その数が増えて行くそうです。
プラナリアは綺麗な水の上流域にしか生息できないとの事。
早速、捕まえに行ってみました!


私がいつも釣りで入る場所に行ってみましたがなかなか見つからず。
場所を変え、
地道に何度も石の裏を探して一時間ほど。
やっと「いた!いた!」と息子の声。


二人で7匹みつけました。
もっとたくさん捕まえれると思っていたのですが、
小さいだけになかなか見つけられませんでした。


体調は1cmほど、頭が三角で目が漫画みたいで可愛いです。
暫くは飼育しながら観察をして
不思議に思った事を夏休みに実験して行きたいと思います。
医療やクローン技術に役立つ発見ができるかも(笑)

最後は開けた場所でルアー釣りのキャステイング練習。
実はこっちの方が楽しかったのかも?
だいぶ上手くなってきました。
釣れなくても怒らずに楽しめるなら
そろそろ渓流釣りもデビュー出来るかも。。。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン



new

ゾウさんの蛇口


古い写真を見ていたら懐かしい物が。。。

以下は8年程前のブログの記事です。

先日、NHK教育テレビ
「すくすく子育て」 と言う番組の中の 
子育てアイデア大賞のコーナーで
ペットボトルでのびーる蛇口 というアイデアが紹介されていました。
ペットボトルの底を切り取り、輪ゴムを取付け
蛇口に引っ掛けるだけの単純なものですが
これで水の落ちる位置が手前にできるので
小さい子でも楽に手洗いが出来るようになります。
我が家でも早速、作ってみました!
番組では、ペットボトルをそのまま蛇口に取付けていましたが
妻は、それでは面白くないと・・・
紙を貼り 「ゾウさん」 にしてしまいました!
これを見た2歳の息子は
「ぱおーーーん ぞさん」と大喜び!
手洗い、うがいがとても楽しく出来るようになりました。
お客さんが来たときは、簡単に取外せますし
なかなか、素晴らしいアイデアだと思います。
小さいお子さんのいる家庭の皆さん
是非、お試し下さい・・・。

2歳だった息子ももうすぐ10歳。
今は宿題や明日の準備、片付け、身の回りの事、
言われなくてもどうしたら出来る様になるのか?
言い過ぎてもいけない・・・言わないとやらない・・・
どうしたら良いのか? 日々、妻と考えています。
この時の様な何か良いアイデアはない物でしょうか。。。

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン




今年も、ぎふ清流ハーフマラソンに参加して来ました!
気がつけば今年で5回目の出場。
すっかりベテランランナーですが、走りは初心者のまま?(笑)


ぎふ清流マラソンは必ず晴天。
この日も快晴! 最高気温が29.7℃と夏日でした。
大勢の人の波にもまれ、緊張しながらのスタートです。


先日、ボストンマラソンで優勝した川内さん。
メディアコスモスの前ですれ違いました。
ボストンから中5日での出場との事、人間離れした肉体ですね。。。
川内さんは出場選手なのに私たち参加者に毎年、声を掛けてくれたりして、
本当にフレンドリーで真面目で素敵な人です。


スタートから8キロ地点の川原町。
岐阜駅から金華橋へ向かい登り坂で疲れを感じ始めるころです。
川原町は沿道の応援の方が多く華やかで・・・
そんな応援が疲れを癒してくれます。


川原町を過ぎるとすぐにイチゴの給食。
今年もゲット出来ました!
しかしこの後は日差しの強い堤防道路の登り坂。


13キロ付近、千鳥橋で折り返しです。
景色は最高なのですが、私にとっては過酷な場所・・・
橋を登るのが辛く、そして下る時に膝に負担がかかります。
毎年、この辺りから膝の痛みが出て来ます。


残り500m ゴール直前の私(妻の撮影)
今年は17キロ辺りから大幅に減速してしまいました。。。
サングラスをしているので分かりませんが、
相当きつかった・・・気力だけで走っています。


結果は2時間11分11秒、昨年より13秒ダウン。
2年前の2時間ぎりのタイムは夢のまた夢です。

本当に暑い一日でした。
翌日の新聞には熱中症で21人もの人が救急搬送されたと書いてありました。
過去最高の人数だったそうです。
私も昨年より、体へのダメージが大きかったです。
そんな中、今年も無事に最後まで走り切れてよかったです。
来年は少しでもタイムアップできるようにまたコツコツと頑張ります!

*
*
*
*
*
岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
業務内容
住宅設計 店舗設計 リフォーム インテリア ガーデン